雨漏り修理や外壁塗装で変わる家|お手軽便利なリフォーム改善!

住宅

費用が変わる理由

外壁塗装の金額や価格

住宅

新築で購入した住宅も15年もすればかなり老築化してしまいます。いざリフォームとしてがかをする場合、一番気になるのは、その価格ではないでしょうか。 普通外壁塗装をする15年目頃は新築時に組んだ住宅ローンがまだ払い終わっていない段階です。 実際の外壁塗装の価格は家の大きさや塗装の質によって大きく変わるのです。 家の大きさを普通にある二階建てを想定すると、足場などを組むことを考えても安い塗装でだいたい50万円から60万円ぐらいと考えておけばいいでしょう。 これに対して一番高い塗装だと、同じ条件の住宅では100万円から120万円と考えておけばよいでしょう。この違いは塗装の寿命に大きく異なってきますので注意が必要です。

その歴史についてはどうか

外壁塗装の歴史についてはどうでしょうか。外壁塗装の歴史は意外と古いですが、現在のような塗装になったのは今から40年ぐらい前と言われています。当時は今と違い木造住宅の寿命が30年程度と言われていました。ですが外壁塗装次第でその寿命が大きく伸びると一般的に認識されたのはもっと後のほうです。 年月を重ねるうちに、塗装の質も変わってきました。今までは10年程度しか寿命がなかった塗装の質もだんだんと伸びてきました。価格は高めになりますが20年近くも持つ塗装も出てきました。さらにホコリや汚れを寄せ付けない光触媒の塗装などが出てきます。現在もっとも質がよいとされるのは断熱性の高い素材で、紫外線を反射することで室内に熱を伝えにくくしています。