雨漏り修理や外壁塗装で変わる家|お手軽便利なリフォーム改善!

住宅

気になる費用

修理内容によって費用が異なります

雨漏り

雨漏り修理は、エクステリアのどの部分に問題があるかによって、内容が異なってきます。スレートなどの屋根材が割れている場合には、その補修もしくは交換による雨漏り修理がおこなわれます。補修の場合は数万円で済みますが、交換の場合は枚数にもよりますが20万円ほどの費用がかかります。外壁が割れたり欠けたりしている場合には、やはり補修工事がおこなわれます。工事費は範囲が狭ければ数万円で済みます。 しかし、屋根や外壁の内部の防水シートやコンパネが劣化している場合には、それらの交換が必要になります。防水シートもコンパネもサイズが大きいため、広範囲での工事となり、その分費用は多くかかります。さらに上から新しい屋根や外壁を取り付けることになるため、トータルで100万円以上かかる場合が多いです。

劣化しにくく雨漏りが生じにくい屋根材

屋根材として多く使われているのは、日本瓦やスレートです。これらは、1枚1枚がコンパクトサイズなので、屋根全体にかぶせるには多くの枚数が必要です。枚数が多い分、強風や地震などの影響でズレが生じやすく、そこから雨水が入っていく可能性が高いです。また、どちらも衝撃や経年劣化により割れてしまう素材なので、それが雨漏りの原因となる場合も多いです。そのため、日本瓦やスレートが使われている建物では、雨漏り修理が必要になる可能性が高いと言えます。 しかし昨今では、アルミニウムと亜鉛の合金による屋根材も使われるようになってきています。サイズがやや大きく、しかもガッチリと組み合わせることができるので、ズレは生じにくいです。さらに金属ですから割れませんし、アルミニウムですから錆びません。劣化しにくい分、雨漏り修理の必要性が生じにくいというメリットがあります。そのため、次世代の屋根材として注目されています。